事業承継に必要な事。親子間のトラブル

事業承継に必要な事。親子間のトラブル

世の企業の中には親子間のトラブルによって、事業承継がうまくいかないケースがあります。こうした出来事を起さないよう、そして、すばらしい事業承継をしていただくために必要なことを紹介します。

そもそも事業承継時のトラブルは何故発生してしまうのでしょうか?また何故近年において親子間のトラブルが増えているのでしょうか?その原因に譲る側、継ぐ側、それぞれの「覚悟」が薄らいでいることが挙げられます。

継ぐ者の強み「客観視力」という素晴らしい能力を認識することが「覚悟」の第一歩であることをお伝えしました。「覚悟」、事業承継をするという肚をくくるためには「使命感」が必要です。

しかしいきなり「使命感を持て」と言われても、にわかに持てるものではありません。ではどうすれば『使命感』を持てるようになるのか?

『使命感』の源泉は、実は『感謝の気持ち』です。自分が現在の状態でやっていけているのは、他者(物)から受けた力添えの結果であることに気づき、心から有り難く思う気持ち・心情であり、他者(物)に対して貢献していこうという意欲や献身的行動を生み出すもととなる感情なのです。これらの感謝の気持ちに気づくためには、「内観」が必要です。

内観「これまでの人生において、誰にどんなことをしていただいたのか」「そのことによってどんな学び、どんな幸せを得ることができたのか」「その方々に対してどんなご恩返しをしてきたのか」「そして、今だったらどんなことをしてあげたいと思うのか」

この気付きこそが『使命感』の源泉です。そしてこの『使命感』が『覚悟』の礎です。素晴らしい優れた後継者となるために、何よりもまず『感謝心』を徹底して磨いていくことが大切なのです。