yearly

暦年課税

1年間に贈与を受けた財産の合計額をもとに贈与税額を算出する手法です。暦年課税では年間110万円までの贈与は課税されません。つまり、110万円までは税金がかからないということになります。

暦年課税のメリット

受贈者ごとに110万円が非課税になる、確実に相続財産を減らせるというメリットがあります。しかし、何千万以上という多額の金額を分割する場合も、年間110万円を越えてはならないので、長期に渡り贈与を繰り返す手間がかかってしまいます。

暦年課税の計算方法

暦年課税の計算方法は
(贈与金額 - 110万円) × 10~55%
となります。

一般贈与財産用

「特例贈与財産用」に該当しない場合の贈与税

基礎控除後の課税価格 税率 控除額
200万円以下 10% -
300万円以下 15% 10万円
400万円以下 20% 25万円
600万円以下 30% 65万円
1,000万円以下 40% 125万円
1,500万円以下 45% 175万円
3,000万円以下 50% 250万円
3,000万円超 55% 400万円

特例贈与財産用

直系尊属(祖父母や父母など)から、その年の1月1日において20歳以上の者への贈与税

基礎控除後の課税価格 税率 控除額
200万円以下 10% -
400万円以下 15% 30万円
600万円以下 20% 30万円
1,000万円以下 30% 90万円
1,500万円以下 40% 190万円
3,000万円以下 45% 265万円
4,500万円以下 50% 415万円
4,500万円超 55% 640万円

贈与税の計算と税率(暦年課税)より引用