tax

贈与税

贈与税は個人の贈与によって取得した財産に課せられる税です。贈与者と受贈者の合意のもと無償で行われる必要があります。財産の課税価格に応じて受贈者は贈与税を支払います。

実際の価値よりも著しく低い額で財産を譲り受けたり、債務を免除してもらったりしたときにも贈与税はかかります。税務署対策として、贈与の証拠を残すために贈与契約書を作成して管理しておきましょう。

贈与を使うメリットは2つあります。

  • 毎年使用できる
  • 法定相続人以外にも利用可能

贈与税には暦年課税と相続時精算課税の2つがあり、暦年課税を基本とし、1年間に個人から贈与を受けた財産の価額が110万円を超えると課税されます。原則として、年間110万円までは基礎控除額として税金はかかりませんが、毎年110万円ずつの贈与が続くと、贈与税や相続税を回避している行動とみなされて課税対象になる場合もあります。

相続と贈与どっちがいいの?

相続は死亡した人から財産をもらい、贈与は生きている人から財産をもらうことです。相続税も贈与税も累進課税です。どちらの方が良いのかについては、お持ちの財産総額に対する相続税の税率と贈与税の税率を比較して検討します。

それにはまず、今お持ちの財産総額を把握し、相続シミュレーションを行うことが必須です。また、財産をお持ちの方ご自身の生活費についても考えないといけません。生前贈与をお考えの方は、事前に専門家へご相談ください。